しもやけとあかぎれの違い。

 しもやけ(霜焼け、英: Chilblain)とは、身体の一部が冷えたために、膨れて硬くなったり、その部分が痒くなったり熱くなるような感覚を覚える現象である。

しもばれ(霜腫れ)、しもくち(霜朽ち)、凍瘡とも言う。

 しもやけは、寒さのために血行が悪くなり生じる炎症のことであり、手足など血管が細い四肢末端に発症しやすい。

 また、肌が外気に露出している頬や鼻先や耳たぶもしもやけになりやすい部位である。よく「ジンジン」と形容される感覚を起こしやすく、むず痒い、痛い、熱いなどと表現されることもある。

 指に発症した場合は、患部が硬く膨れ上がる場合もある。患部を暖めると疼痛や痒みが強く感じられる事が多い。童謡『たきび』にも歌われている、冬の季節病である。

 しもやけの状態で肌が乾燥すると、皮膚の角質層の厚い部分に亀裂(皹裂)が生じ、内部が赤く見えたり出血したりする。
 これをひび、また程度の甚だしいものをあかぎれと呼ぶ。用字はともに皹、皸、胼。

 病因としては、

 体質や遺伝も関係するが、しもやけになる大きな要因は一日の気温差と、皮膚表面の温度だといわれている。総じて、気温が5℃前後で昼夜の気温差が大きい時期にしもやけになりやすい。
 また、手足の周辺の湿度が高かったり、皮膚(特に手足)を濡れたまま放って置くと気化熱により皮膚の表面温度が下がり、しもやけになりやすい。

 そのため、日頃から体(特に手足の指先や、指と指の間)が濡れたら、なるべく早く、しっかりと拭き取り、靴は乾燥させ、手袋や靴下が濡れた場合は早く取り替える事が予防に効果的である。
 また、先が細い靴や、ヒールが高い靴を履いていると、足の指先が圧迫されて血行不良になり、これもまたしもやけになりやすい。

『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より引用し一部編集 2014年2月10日 (月) 06:19

しもやけって何?(一般的なもの)

 しもやけの表現としては、かゆみや痛み、熱さのほかに「ジンジンくる」といった表現も使われることが少なくありません。ですから春や夏にしもやけができるということは、まずありえないことなので、もしも春や夏になっても治らない場合には他の病気を疑ったほうがいいでしょう。しもやけは秋から冬にかけて起こり、悪化してしまうと硬くはれ上がったりしてしまうので、注意が必要です。

 しもやけができやすいのは、手だけではなく、足や耳、鼻などにも、あの嫌な症状ができやすくなっています。どうやらしもやけは、体の末端部分などに、できやすくなっているようで、これからの季節には気をつけなければなりません。まずはマッサージを欠かさずに行って、それぞれの部分が血行不良を起こさないようにことが、一番の予防策になりそうなのがしもやけです。

しもやけの予防を行うのであれば、まず体の末端を冷やさず、血行不良を改善する必要がありそうです。また体を冷やさないように注意することもしもやけには、かなり効果的なようなので、毎年悩まされる場合は服装を見直してみるのもいいかもしれません。繰り返し秋から冬にかけて、しもやけができてしまう場合ならば、かなり血行が良くないことなのかもしれません。

しもやけの治療法

しもやけの治療法は実のところ、あまり一般的ではないようで、まだ症状が軽いうちであれば、暖めて、マッサージしておくとよくなっていくようです。しかし、しもやけが悪化してしまった場合の最大の著療法は、やはり皮膚科に行って適切な治療をうけることがおすすめです。なんといっても秋から冬にかけての急激な気温の低下に肌がついていけなくなった症状なのですから、最大の治療法は暖めながらのマッサージがしもやけにはいいようです。

原因は、血流の不足だそうですから、血流を正常な状態に戻してあげることが、しもやけにはかなり効果的なようです。そしてお風呂上がりには、しもやけができている部分を丹念にマッサージしながら、保湿するといいでしょう。しもやけがとにかく、かゆかったり、痛みを伴っている場合、やはり皮膚科で専門的に治療してもらうのが一番早い治療法かもしれません。

しもやけについての情報をサイトやブログ、掲示板を使って、あれこれとしもやけの治療法を探してみましょう。しもやけは季節病ですから、夏のうちからこまめにマッサージを行って、常に血流を良くしておくのもいいでしょう。皮膚科でしもやけの治療を行う場合の、治療法もやはりどの部分にできたとしても、血流をスムーズにする治療が多いようです。

その嫌なジンジンとしたかゆみと傷みが起こってしまうのが、しもやけですから、やはり血流を活発にするしかないようです。

 具体的には、40℃位のお湯と5℃位の冷水に患部を交互に付ける(必ず、水よりお湯につける時間は長くし、お湯から始めてお湯で終わるように)方法や、患部を温めながらマッサージする方法(ただし余り強い力でマッサージすると患部付近の毛細血管が破裂し、症状が一段と酷くなる場合がある)、トコフェロール(ビタミンE)を服用する方法などがある。

 初期の軽いものなら、レタスなどのビタミンEを多く含む食品を食べることにより、1週間程で治ることもある。

ジルチアゼムやニフェジピンなどの血管拡張薬が使用される。

 しもやけで肌が乾燥した状態(アカギレ)の症状には、保湿効果のあるワセリンなどの軟膏剤をラップフィルムに塗り患部に当てる湿潤療法などがある。

 また、ベンジルアルコールやユーカリ油(Eucalyptus oil)が配合された塗り薬が、しもやけクリームとして使用されているようです。

しもやけの改善法

改善するためには、しもやけができている部分のためだけでなく、全身の血流を活発にすることも必要なようです。しもやけは血流が滞っている状態になっているわけなので、改善するためにはやはり血流を正常な状態にするのがいいようです。

また、しもやけの症状が軽いうちであれば、血流を活発にする運動でかなり、症状は軽くなっていくようです。特にデスクワーク中心でしもやけができて辛い場合は、仕事の合間などに軽い運動を心がけることをおすすめします。するとしもやけの辛い症状も軽くなっていきますし、仕事の気分転換にもなっておすすめです。

 しもやけについての情報をサイトやブログ、掲示板を使って集め、そのほかのしもやけの症状に改善を調べてみましょう。またしもやけから悪化してあかぎれにならないように、保湿も心掛けたほうが、悪化が防げるのだそうです。まずは体を動かして血行を良くしながら、ビタミンEで補って、マッサージをするようにすれば、しもやけはかなり改善されるようです。

 できてしまっても、軽い症状でそれほど状態がひどくない場合には、改善するように心掛けることで、意外と治ってしまうかもしれないのが、しもやけです。

しもやけ対策

しもやけは体が冷えてしまうことで、起こりやすくなり、また血行が寒さで悪くなってしまったことでも起こります。また食事も、しもやけができている人も、予防したい人も体を温めてくれるしょうがなどの食材を積極的に摂るようにするといいようです。

 しかし、しもやけの対策としては、体を冷やさないようにするだけではなく、血行を常にスムーズに流すことも重要です。ですからしもやけ対策に、マッサージを行ったり、軽い運動を行ったりして、血行が良くなるようにしなければなりません。
 また足にしもやけができたからと言って、靴下を二枚履くという方法は逆効果になってしまうのだそうです。まず、しもやけ対策で一番重要になってくるのは、体を冷やさないように心掛けることのようです。

 寒くなってきたと感じたのであれば、寒さを防止して体をつねに温めることをすれば、立派なしもやけ対策ですし、しもやけをなんとか予防したい、できてしまったしもやけを何とかしたいと考えている場合、最大の対策は体を冷やさないことです。

 いつも体が温かい状態で、体の血行も隅々まで行き届いているように対策を行っていれば、かなり症状が緩和するのがしもやけです。

しもやけと顔湿疹

しもやけができるのは、あくまでも手や足、鼻先、耳などの末端部分であって、顔にできることはないのだそうです。顔湿疹は似ているので、勘違いして、薬局やドラッグストアで売っているしもやけの薬を塗っても効果はありません。

秋から冬にかけて出来てしまった場合、顔湿疹は、顔にしもやけができたと勘違いされやすいようなのです。ですからしもやけができていながら、顔湿疹が出ている場合には、両方を調べていただいたほうがおすすめです。

顔湿疹としもやけが同時にできている場合、どうしても勘違いしやすくなりますが、まったく別のものなのだそうです。しもやけと顔湿疹は似たような症状ですが、別の病気ですから、別々の治療になっていくようです。

しもやけについての情報をサイトやブログ、掲示板を使って集めて、しもやけは本当はどこにできるのかを調べましょう。ですから顔にしもやけに似たものができた場合は、素人判断せずに、皮膚科で診察を受けたほうが顔湿疹とわかって処置もはっきりします。
しもやけはしもやけとしてきちんと治療を行って、顔湿疹は顔湿疹できちんと治療を行わなければならないそうです。

同時にできている場合、皮膚科はそれぞれ別の処方薬を用意してくださいますから、薬もわかりやすいようにしておきたいのがしもやけです。

しもやけが足にできたときの対処法

まず足にしもやけができてしまうときは、女性なら窮屈なパンプスなどを履いて、足の血行が悪いなかで、冷えてしまった場合に起こるようです。また雪の日などに足が急激に冷えてしまった上に、雪が靴の中にしみこんだ状態が続いてしもやけができてしまう場合もあります。

しもやけが足にできてしまうと、むずむずとしてなかなか落ち着かない状態になってしまうようです。しかし靴下を二枚重ねて履くのは、しもやけを逆に引き起こしやすくなるそうで、むしろ靴下を履き替えるほうがいいようです。それは靴の中の湿度で靴下が湿ってくると足が冷えやすくなるので、しもやけ対策には靴下の履き換えをして暖かさを保つほうがいいそうです。すると暖かい状態の靴下をはいていることができますから、足のしもやけ対策には取り換え用靴下を用意しておくといいかもしれません。

しもやけについての情報をサイトやブログ、掲示板を使って集めて、足のしもやけ対策を研究してみましょう。足にできてしまったしもやけは人前では、かゆくてもかくことができませんから、できてしまうと辛いことになります。どのように対処するようにすればいいのかは、やはり他の部分でも同じことで、足だけが特別ではありませんから、温めることと血行促進が必要になるのが足のしもやけです。