【CDジャケット作成】のパターンを考える

シングルCDならこの4ページタイプのCDジャケット作成のパターンで十分ですね。中の面にイラストや写真を載せなければ4曲分くらいまで歌詞が載ると思います。ですので、カップリング曲の歌詞まで載せても、このCDジャケット作成のパターンなら十分です。

特にプロのアーティストのアルバムに多いCDジャケット作成のパターンは、中に写真やイラストなどをたくさん取り入れたものです。
その代わり、作る方も見る方も楽しいCDジャケット作成が出来上がると思います。4ページタイプ以上ですと製本加工が必要になってくるので加工料金は高くなってしまいます。

プロの方でもわざとモノクロのCDジャケット作成をしている方が結構いますよね。もちろん、モノクロのCDジャケット作成のパターンでも写真やイラストは鮮明に印刷されます。あなたの予算とCDに収録している曲数やジャケットのデザインに合わせて、そのCDにピッタリなCDジャケット作成のパターンを考えましょう。

CDジャケット作成会社のホームページでも、CDジャケット作成のパターンについて詳しく説明してくれているので読んでみてくださいね。とりあえず100部印刷して、売り切れたからもう100部! というよりは、売れる見込みがあるなら一気に200部印刷した方がCDジャケット作成費用はお得だということです。


気軽なCDジャケット作成
気軽にCDジャケット作成ができるのはなぜ
CDジャケット作成のREC Musicianでプロデビューを狙う
CDジャケットのデザインを楽しむ
CDジャケット作成デザインを楽しむ
【CDジャケット作成】のパターンを考える
リンク
リンク集1

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

CDジャケット作り方 トップページへ

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

FX用語