秋の花粉症と咳

 秋の花粉症で実は非常に患者自身も苦しめてしまうのは、咳が症状に出てくることが非常に多いことになります。そのために患者は自分が秋の花粉症になっているというよりも、たちの悪い風邪をこじらせていると勘違いしがちなのです。もしも咳が出始めてから、1週間治まらずに、ずっと続いていくのであるならば、かなり疑いが濃くなっていくのが秋の花粉症です。

 秋の花粉症の咳の特徴はいわゆる空咳で、非常に苦しいもので、中にはのどの痛みを伴うものもあるそうなのです。このような咳が続いてしまうわけですから、秋の花粉症になったということよりも、風邪をこじらせたと考えやすいところも困ったところです。秋の花粉症が起こっている場合は、意外と原因物質がない環境に行くと、けろりと治まってしまうので、患者自身も不思議に感じることが多いようです。

 咳がなかなか治まらない、という症状があって、それが1週間以上続いているのであるならば、かなり秋の花粉症である疑いは濃くなっていきます。くしゃみや鼻水、鼻づまり、頭痛、頭の重さはわかりやすい症状ではありますが、咳は非常に見極めが難しい症状になっているのが秋の花粉症です。

 秋の花粉症の咳は原因物質がない環境に行くと、治まってしまいますから、このような場合も気をつけておきたいところです。秋の花粉症の咳は患者自身も実際は不安になることが多く、風邪が他の病気に変わったのではないか、と考えてしまうことも多いそうです。


秋の花粉症の対策
秋の花粉症の対策
花粉症の症状
秋の花粉症の症状
秋の花粉症と咳
リンク
リンク集1

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

花粉症の秋と咳 トップページへ

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加